どのように良いスピーチを作るか

 

全てのスピーチ、又はプレゼンテーションは二つの主な要素を持っています。

l        何を話すか(内容)

l        どうそれを話すか(話し方)

何を話したいかを正確に計画する事であなたは明らかに内容をԩ.jpg7;ントロールすることができます。でも、また、あなたの話し方が効果的かどうか確認することもできます。下記のアドバイスは素晴らしいスピーチを話すことに役立つでしょう。

 

l        聞き手が、あなたが何を話しているか理解することは一度のチャンスしかありません。その為、全てにおいて聞き手にとって分かりやすいスピーチにしなくてはいけません。

 

l        スピーチに指標を立てることは最善の方法です。初めにどのようにスピーチを配分するのか話すのもいいでしょう。スピーチの間、一つの部分が終わって新しい部分が始まることを明らかにすること。例えば、how that I have explained some of the causes of air pollution, I want to tell you what we can do to reduce the problem.(どのような大気汚染の原因があるのか説明しましたが、私たちがその問題を縮小させるためにできることを話したいとŁ.jpg05;います。)

スピーチの最後では、あなたが終わった事を明確にする。(例えば、ただシンプルに、thank you!と言ってみる。)

             

l        スピーチで最も大切な部分は最初と最後です。聞き手の注意を引く強力な最初の文を考える。冷静に自信を持って、あなたがよく準備をしてきていることと興味深いことを言えることを印象付ける。最後では強力な文で、聞き手を笑わすか、考えさせられるような刺激的なことを言う。

 

l        スピーチをする日の前に練習をしておくこと。特に、どのようにどこに立つか、又は座るかと、最初でも後ででも、どこにあなたが使った資料やものを置くかを考えること。スピーチカードを使った練習をしておくこと。

 

l        大きな声ではっきりと話す事。あなたの声(あなたのイントネーション)は文書で句読点が打たれている通りにすること。早口で話さないようにすること。絶対ノートに書かれた通りに全ての文章を読むだけはしないこと。それは退屈でスピーチについていくことが難しくなるでしょう。

 

l        紙を後ろに隠したり、頭上に持つことはしないこと。あなたが聞き手に個人的に話しているかのように彼らが感じることは重要な事です。その為、室内を見渡し、皆にアイԩ.jpg7;ンタԩ.jpg3;トを最低一度はスピーチ中にすること。

 

l        椅子を揺り動かしたり、足を叩く等をして聞き手の注意を紛らわさないように気をつけること。

 

l        視覚的なものをスピーチに取り入れは役に立ちます。例えば、もし、あなたがある場所について話す時、その場所の地図を見せる。もし、数字を使う時、その数字を書いて見せる。(聞き手が沢山の、又は大きな数を頭に入れておくことは難しい。)

 

l        もし、あなたが聞き手として参加するのであれば、彼らから何を得たいかを明確にしておくこと。もし、質問するのであれば、未知の答えを得つつ、自分ならどう答えるかを考える。

 

どのように良いプレゼンテーションを作るかについてもっと読む

Read more about how to give good presentations